診療報酬債権のファクタリング

病院や診療所などがもっている診療報酬債権というのは、ファクタリングという仕組みにもなじみやすいものといえます。

ファクタリングというのは、売掛金などのように、まだ入金される時期が到来してはいないものの、権利として相手に支払ってもらえるはずのものがある場合に、それを早期に現金化するという手段です。

このファクタリングを利用するにあたっては、適当なファクタリング会社による審査を経て、正式に契約を締結してからになりますが、要は診療報酬債権をその会社に買い取ってもらうようなイメージとなります。
通常は手続きをはじめて数日程度で現金化が完了するため、たいへん便利であるといえます。

ファクタリング会社のおすすめ

診療報酬債権のようなものは、いわゆる公費にあたりますので、将来的に入金されることは安心確実とはいえるものの、実際に入金があるまでに数か月は必要になってしまうというところが、大きなネックになっているといえます。



その間にも病院や診療所の経営上のつごうによる支出は止まらないわけですので、ある意味、これが前借りできれば経営的にも安定するというものです。

こうしたことから、診療報酬債権を目的としてファクタリングを利用するということが、全国で行われているのです。


この方法であれば、無担保ローンのように高金利で短期間の借り入れしかできないといった金融商品とは一線を画しており、診療報酬債権というきちんとした権利に裏付けされているものですので、利用もしやすいといえます。