診療報酬債権のファクタリングの仕組みとは

診療報酬債権のファクタリングとは、証券会社、銀行などのノンバンクの業者に診療報酬債権の譲渡を行い、資金を調達することを言います。

ファクタリング会社の比較

診療報酬債権の割引率はファクタリング業者によって、またここの審査によってケースは異なりますが、回収が確実な債権であるために、本来は低めには設定されています。



月額はおよそ0、5パーセントから1パーセント台までですが、年利に換算すると金融機関から受ける融資の金利が安くなる仕組みになっています。
しかも診療報酬債権のすべてをファクタリングできるわけではありません。
たとえば不動産担保融資などと同じように掛け目が存在するのです。
これは社会保険診療報酬支払基金、国民健康保険団体連合会に診療報酬の請求を行った時に、支払い基準によっては請求金額に減額等があるケースがあるため、それを避けるために掛け目があるのです。



おおよそ80パーセントがほとんどですが、中には90パーセント以上の掛け目を設定することができる業者もあります。
借りに掛け目が80パーセントだとすると、ファクタリング業者は、診療報酬譲渡の対価としてその80パーセントを医療機関に支払い、のちに社会保険診療補修支払基金や国民健康保険団体連合会から支払いを受けたら、残りの20パーセントを医療機関に支払うのです。
普通診療報酬を受け取るまでには約二か月近く有しますが、このファクタリングのシステムを利用することで、その分早く資金を手に入れることができるのです。