診療報酬債権によるファクタリングで医療等事業拡大

診療報酬債権は、病院や診療所で医療行為を行った際に受けとる自己負担や残りの保険者請求分の合算による受けとることが出来る権利のことです。

医療機関の収入のメインとなります。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

受けとる権利と言うことは、すぐには現金化をすることは出来ず、審査支払機関での審査の後に、承認を受けたものが現金収入となって受け取れるわけです。

この診療報酬債権を担保としてファクタリングによる医療事業の拡大を行うケースも多くなっています。
大規模な医療設備や医療用事業のための土地などの不動産を購入する場合、巨額の資金が必要です。
その巨額の資金を借りるためにファクタリングを利用し、資金調達を行います。この流れは一般的に行われていますが、場合によっては医療機関が展開する介護事業などのために資金調達がなされることもあり得ます。

医療機関によっては、診療報酬債権が大きく見込める場合もありますので、そうした医療機関からファクタリングを利用したいという相談があれば、貸し出す金融機関などでは前向きに検討を行うケースも多いです。

医療機関ですから貸した資金を踏み倒す可能性は少ないですし、貸し出す資金が巨額ですから利息収入もおいしいということで、借り手も貸し手も双方にメリットが生じます。

診療報酬債権ですから医療機関であればある程度の資金は融通されるものです。



しかしながら、少子化高齢化と過疎地域などでは、今後貸し出しの審査が厳しくなる可能性は否定出来ません。