• 松戸で葬儀をするときの戒名

    戒名は通夜の前に頂くことが、一般的です。

    松戸の葬儀が広く知れ渡ってきました。

    宗派によって付け方が異なっていますから、どこの寺院にお願いしてもいいというわけではありません。
    葬儀の依頼と同じで、菩提寺で付けてもらうのが原則です。
    菩提寺が松戸から遠すぎるため近所にある同じ宗派の寺院に葬儀を依頼する場合にも、菩提寺に頼んで戒名を送ってもらうことができます。

    菩提寺が不明だが宗派だけがわかっている場合には、葬儀を依頼した松戸の寺院に戒名もお願いして後々そこを新しい菩提寺とすることもできます。いただいた戒名は僧侶によって白木の位牌に書かれ、遺体や遺影とともに祭壇に飾られます。

    葬儀を仏式で行わなければ、戒名は必要ありません、また宗派にかかわりのない松戸の霊園などに墓がある場合は、俗名のまま仏式の葬儀を行い埋葬することも可能です。
    しかし埋葬先が寺院ならば、あらかじめ寺院に了解してもらう必要があります。

    菩提寺が遠く同じ宗派の寺院に葬式を依頼した場合には、俗名で葬式を行って菩提寺に埋葬するときに戒名をいただく場合もあります。

    毎日新聞情報選びをお手伝いするサイトです。

    生前故人が戒名はいらないといっていた場合には、菩提寺と相談してみてください。寺院によっては葬式は俗名で行うことができるけれど、埋葬はできないという場合もあります。



    戒名と仏教は切っても切れない関係になっています。
    戒名料が高いから戒名をつけたくないという話をよく耳にしますが、寺院とよく相談をしてなぜ戒名が必要なのか戒名の意味を納得したうえで付けたいものです。