診療報酬債権のファクタリング

診療報酬債権は、通常の企業間の売買取引における売掛債権などと比較すると、回収の確実性がよほど高い優良な債権であることはたしかであるといえます。

ファクタリングの評判情報を得るならこちらをご利用下さい

しかし、診療報酬債権は、それが債権のままの状態から現金にかわるまでが、2か月程度は必要というものでもあります。



いわゆる公費であるために、請求して以降、それぞれの都道府県にある国民健康保険団体連合会でその内容をチェックするという作業が入るからです。
もしも計算違い、書類作成のミスなどがあれば、手戻りとなってしまいますので、それ以上に現金になるまでに時間がかかってしまうということもありえることです。



このような診療報酬債権については、いったんファクタリング会社とよばれる企業に債権のまま譲渡してしまうことで、早期に現金化することが可能になるというしくみがあります。

これがファクタリングであって、通常は40日程度の時間的な短縮につながることから、キャッシュフローの改善には大きなメリットが期待されるはずです。


このファクタリングを利用すためには、該当するファクタリング会社とのあいだで債権譲渡契約を締結するとともに、債権譲渡通知書を国民健康保険団体連合会に送付することになります。

そして、債権を請求するつど、実際の請求額の約8割程度がファクタリング会社から前払いされ、逆に国民健康保険単体連合会は、業者に対して診療報酬を支払うというかたちになってきますので、たいへん効率的なスキームであるといえます。